オルクス症候群

オルクス症候群:近年発見された、新種のウイルス状生物
”orx”に寄生されることによって発病。
発病時の症状は各種有。
皮膚・及び骨組織の変形、複数器官の異常発生・異常活動、
外観が変化(主に皮膚の硬化)、
精神的な異常興奮状態等があげられる。
感染経由・及び治療法は確定しておらず、潜伏期間もまちまちだが、
一旦発症してしまうと、進行は非常に早い。
発見されてまだ日が浅く、症例が少ないため、
致死性の病気か否かは、意見が分かれている。
[PR]
by usanosuk | 2006-07-22 14:34 | 小ネタ