小咄

能力の制御力が弱いのだと聞いた。

切れない刃物は危険だというが、切れすぎる刃物は鞘すら切り裂く、ということなのだろう。
感情が高ぶると、余計に制御できなくなるらしく、
なるべく感情の揺れ幅を抑えようとしている様子は伺えるのだが、
生来激昂しやすい性なのだろう、その努力はあまり実っていないようだ。
とはいえ、元の顔立ちが美形なのと、白子独特の雰囲気があいまって、
一見してわりと落ち着きがあるようにみえる所為か、
知らない人…特に女性から見れば冷静で格好良い、となるらしい。
格好良い、はともかく、冷静ってなんだっけ、と首をかしげたのは、オレだけじゃない、絶対。
少なくとも、冷静な奴は、割れた玻璃杯を素手で拾おうとして、指先を切ったりは、しない。

「…壊すなとはいえないけどさ。
 せめて、落とすな」
「…すまない…」

見事に粉々に砕け散った杯を直すべく、オレは右手に「力」を集中させた。

**
和風ぱられるでコネタひとつ、破壊魔とりぺあますたー。
玻璃杯=ガラスのコップのこと。

関連記事:和風ぱられる http://usanosuk.exblog.jp/6420157/
[PR]
by usanosuk | 2007-10-22 03:23 | 小ネタ