<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

四大元素について

魔法・四大元素(グレートエレメンツ)について

魔力が物質特製を伴ったときに、自然に最も安定してその状態を長く保つときの
その魔力の様子を、古来からの慣習に従い、火・水・風・土の四大元素に分類する。
魔術等で変化させたときの状態ではない。
それぞれ、エネルギー(火)、液体(水)、気体(空気)、固体(土)の状態のこと。
これら4つを結びあわせるのが、エーテル、(第五の元素)と呼ばれるもの。
エーテルそのものは、正確には元素ではなく、使用者の精神、あるいは魂と考えられている。
それぞれのエレメンツには、相性の良い・悪いがあり、同じ強さで同時にあらわしたときに、
相手の効果を倍増させる、陽の関係を相乗、
相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係を相剋 という。
相剋の関係にあるエレメンツが、弱いほうが強いほうを打ち負かそうとする場合、
相手よりよほど強くない限りは難しい(不可能ではない)
 例)水は火に勝つが、少量の水なら、大量に火があれば蒸発しつくせる(小雨の山火事)

二つ以上のエレメンツを同時に持つ人物は、それほど珍しくは無い。
複数のエレメンツは、基本的にはつながるので、個別に分けて発顕させることは可能だが、
自然の安定状態で、発顕が1+1の単独で現れることは滅多にない。
相剋の関係にある二つのエレメンツを持つ場合は、
体内でエレメンツ同士が打ち消しあうため、素質はあっても発顕はしないか、
やや優勢なほうがわずかに発顕するのみで、実用にはならないことが多い。
三つのエレメンツの場合、相剋の関係にあるエレメンツの間のエレメンツが、
水と油をつなぐ石鹸のような”つなぎ”の役割を果たすため、問題は無い。
そのため、三種のエレメンツを持つ場合、発顕のパターンが複数見られる
(一種被って2+2パターンでの発顕か、被らずに2+1かになる。
 1に当たるエレメンツの力が他より強いと、単独で顕れることがある)
ただし、相性の悪い同士がつながることは無い。
4種全てのエレメンツを同時に持つことは、体内でそれぞれが完全に打ち消しあうため、
素質そのものが無くなることになる。
ゆえに、4種全てを持つ人物はいない。
なお、魔術同士の効果等でも同じことが言える。

エレメンツ組み合わせ
 火 自然に安定する状態が「火」
 水 自然に安定する状態が「水」
 風 自然に安定する状態が「風」
 土 自然に安定する状態が「土」
 火+風 自然に安定する状態が「火+風(光)」
 火+土 自然に安定する状態が「火+土(雷)」
 水+風 自然に安定する状態が「水+風(闇)」
 水+土 自然に安定する状態が「水+土(歪)」
 火+水+風 自然に安定する状態が「火+水+風(光と闇、光と水、闇と火のどれか)」
 火+水+土 自然に安定する状態が「火+水+土(雷と歪、雷と水、歪と火のどれか)」
 火+風+土 自然に安定する状態が「火+風+土(光と雷、光と土、雷と風のどれか)」
 水+風+土 自然に安定する状態が「水+風+土(闇と歪、闇と土、歪と風のどれか)」


d0074953_171279.gif・相剋の関係にあるエレメンツ(赤矢印)
 いわゆる”相性の悪い”パターン
  水→火
  風→土

・相乗の関係にあるエレメンツ(青線)
  火=風
  風=水
  水=土
  土=火

エレメンツ2つの場合
・相剋
  水+風→火+土

・相乗
  火+風=水+風(風が繋ぎ) 土にやや強い
  水+風=水+土(水が繋ぎ) 火にやや強い
  水+土=火+土(土が繋ぎ) 風にやや弱い
  火+土=火+風(火が繋ぎ) 水にやや弱い


関連記事:魔法について http://usanosuk.exblog.jp/5215890/
魔力について http://usanosuk.exblog.jp/6765741/
[PR]
by usanosuk | 2007-04-26 17:13 | 世界観

受け攻め度チェック

受け攻め度チェックはこちら→ http://u-maker.com/24583.html
注:ネタです。
  因みに誕生日は、キャラ作成日時(ドル…23/6/2005、ネヴ…11/2/2006、
  ボーグ…16/11/2006、カニは没キャラサルベージのため不明なので除外)
  血液型は全員『不明』を選択

れっつちぇっく↓


ドルヒさんは襲い受 です!

● 襲い受の貴方は
★性格★
飾り気のない実直な人です。
温厚で真面目で頭も良く、さらに自分のことは犠牲にしても
人のために力を注ぐことのできる人格者。
情や一時的な感情に流されない、非常に理論的な考え方を持っています。
客観性や論理性など、ビジネスで有用な能力を持つあなたは、大物の風格が漂ってます。

★夜の性格★
精神的攻め・体は受けのタイプ。
自分の武器を十分に熟知しているので利用できるものはすべて使い、
自分の快楽を追い求めます。
大抵は相手を挑発して快楽を貪ります。
誘い受けとは違い、人の後ろをおとなしく歩くのを嫌います。
貴方の魅力に周りはKO寸前。

★相性★
へたれ攻・攻寄リバ

● ドルヒさんに幸運をもたらすライトは、蛍光灯です!


ネヴローズさんはへたれ攻 です!

● へたれ攻の貴方は
★性格★
素直な平和主義者です。
明るくさっぱりとした性格なので誰からも好かれるタイプ。
人を惹きつける笑顔とすんなりと相手の胸に飛び込んでいく素直さがあるので、
初対面でも旧知の仲のように話せます。
友達がいっぱいできるのが特徴です。
優しく素直で合理主義者。二面性がある点も貴方の魅力となっています。

★夜の性格★
いつも相手に遠慮して、思い通りのプレイができない損な役回りです。
しかし、テクニック的にはどの攻めよりも上手いので自信を持って
どんどん喘がせてイかせてあげましょう。
少しずつ調教を施して、貴方なしじゃいられない体にしてあげたらどうでしょうか?
ときには強く攻めていかないと立場逆転の心配もあるので注意してください。

★相性★
強気受・襲い受

● ネヴローズさんに幸運をもたらすライトは、懐中電灯です!


ちょ、相性ぴったりー?!!! 笑い死ぬかと思った。
そして性格が微妙に当たっているのがなんともはや。
↓ボーグ追記。


ボーグさんは自己中攻 です!
● 自己中攻の貴方は
★性格★
実直で義理人情に厚いタイプでとても円満な人格者。
他人と争うことが嫌いで、自分が傷つくことはもちろん、相手が痛手を受けることも苦手。
人との調和をとったり、お互いに楽しく気分良く過ごせることが何より大切だと考えてます。
どんな環境にも順応できる、たくましさと適応力を持っている人です。

★夜の性格★
ヤリたいと思ったら相手の都合を考えずに盛ります。
自分が満足する為に快楽を追い求める、まさに自己中心。
相手を支配したい欲求が強いのでバックの体勢が一番のお気に入り。
自分ひとりがスッキリしてしまうことも多々あります。
もう少し相手のコトも考えてみましょう。

★相性★
天然受・誘い受

● ボーグさんの生き別れた双子の兄弟は、現在四国にいる模様です。


…人格者…???
[PR]
by usanosuk | 2007-04-25 19:07 | 自キャラ関連

教育関連

教育関連イメージまとめ

義務教育、というものに相当するものはない。
学校へは行きたい人が行く。
ただし、上流階級では、ほぼ9割以上が少なくとも高校程度の教育を受けている。
中流階級は、8割以上は初等教育を受けているが、
それ以上の教育を受けている割合は約半数。
下流・被虐者階級では、初等教育を受けている人物は約三割程度。
中流以上と、それ以下では、基本的な教育水準自体も違う。
特に被虐者階級の場合、教育を受ける機会自体が無いことも多いため、文盲も珍しくは無い。
ゆえに、全体の学力はほぼ二極化している状態。
公立よりも、基本的に私立のほうが教育水準は高い(大学はその限りではない)
ただし、上流階級の多い地域にある公立高校は、私立並みにレベルの高い学校もある。


学校制度
カッコ内はおおよその就学年齢。
飛び級制度、落第(後述)もあるので、この限りではない。
・幼稚園(3or4~5)
 小学校入学前に、極初歩的な初等教育を行う。
 就学年数は、2~3年(学校によって差がある)
 最高就学年齢5歳まで。
 ちなみに、保育園は、小学校入学前の児童を預かる施設。
 保育園によっては多少の初等教育を行うこともある。
 中流以上の家庭の子女が多い。
・小学校(5~11)
 最低就学年齢5歳。
 初等教育を行う。
・中学校(11~15)
 最低就学年齢8歳。
 入学資格は、小学校卒業資格所持。
 中等教育を行う。
・高等学校(15~18)
 最低就学年齢10歳。
 入学資格は、中学校卒業資格所持。
 高等教育を行う。
 高等学校へ進学するのは、中流でも上位の階級以上の子女が多い。
・中高一貫校(11~18)
 最低就学年齢8歳。
 入学資格は、小学校卒業資格所持。
 中等・高等教育を一貫して行う。
 私立の学校に多い。
・大学校(18~22、24)
 最低就学年齢12歳、修業年数4年、大学院の場合はさらに2年。
 入学資格は、高等学校卒業資格所持。
 高度に専門的な学問を学ぶ。
 ここへ進学するのは、上流階級出身の子女が殆ど。
・専門学校(15~、もしくは18~、メディカルスクール・ロースクールは22~)
 専門的な技術を学ぶ。
 入学資格は、学校により、中学校卒業資格以上のところと、
 高校卒業資格以上のところがある。
 中学校卒業資格以上の学校の場合、高等教育を受けられる学校もある。
 最低就学年齢は、それぞれ高校・大学の項を参照。
 就学年数は、学校により2~5年と差がある。
 メディカルスクールは、医者になるために、大学を卒業した学生が入学する。
 ロースクールは、弁護士や、裁判官等になるために法律系の学問を学ぶ学校。
 それぞれ、大学卒業資格以上が必要(大学時に、それぞれ規定のコース・
 単位を修得していることも必要)
 最低就学年齢は、16歳。
 就学年数は、学校によって多少ちがうが、大体3~4年。
・盲聾養護学校
 障碍を持つ子女が通う。

飛び級は、規定の学力内容(学校で通常半年・もしくは1年単位で修了する内容)
を修めたことを証明すればわりと簡単に出来る。
同じく落第も、規定の学力に満たなかった場合は、簡単に認定される。
教科ごとに認定されるため、国語が2年生、数学が5年生の内容ということもある。
ただし、卒業は、すべての教科を修め終わらない限りはできない。
そのため、一つ不得意な教科があった場合、その教科が規定学力に達するまで
ずっと卒業は出来ないことになる(多少の救済措置もあるため、延々落第し続けることはない)
飛び級で早く卒業した場合でも、その上の学校の最低就学年齢に達しない限りは、
入学資格は得られない(聴講生として、講義へ参加することは出来る。
聴講生として受けた分の単位は、進学後に申請すれば正規の単位として認定ももらえる)
なお、大学・専門学校には飛び級制度は無いが、落第はある。
私立の学校の場合、あまりに落第回数が多い生徒は、退学させられることもある。


学校の種類
・公立学校
 国や県・市が運営。
 授業費等は安いが、一般に学力偏差値は低く、治安もあまりよくないことが多い。
 給食はある場合と無い場合がある。
 教科書は学校から貸与のため、ページが抜けてたり、数が足りなかったりすることも多い。
 下流~中流階級の子女が主に通う。
 ただし、軍の運営する仕官養成学校(大学に相当)のレベルは、
 他の大学の平均偏差値と比べてもかなり高い方に位置する
 (極端に飛びぬけているわけではない)
・私立学校
 授業費等は非常に高いことが多いが、学校によって大きく幅がある。
 給食はなく、校内に学食を設けているところが多い。
 一般に学力偏差値も高く、校内の治安もよい。
 中流のなかでも裕福な家庭、上流階級の子女が主に通う。
 学校によっては、特待生や奨学生制度を設け、貧困家庭の
 優秀な生徒を入学させることもある。
 全寮制の学校もある(古くからある伝統的な学校に多い)
 学校によっては、小学校から大学までのすべての種類の学校を備えていることもある。
・フリースクール
 個人や教会運営の小規模な学校。
 教師の人数も、1~10名程度のことが多い。
 授業費等は、学校によって幅があるが、大体公立以上私立未満程度。
 給食は出されないことが多い。
 学力偏差値は学校によって大きく差があり、レベルの高い学校は人気が高い。
 特定の科目しか教えない限定フリースクールもあり、学校によって、様々な特色を備える。
 ex.)教会の日曜学校→宗教学や道徳科のフリースクール
    スポーククラブ等の少年チーム→体育科のフリースクール など
・ホームスクール
 通信教育・家庭教師等で、規定の教育内容を修めること。
 授業は、郵便でのレポート提出、もしくはネットやTV電話で行う。
 自分のペースで学習でき、場合によってはかなりの飛び級も可能だが、
 途中で挫折する生徒も少なからずいる。
 自己の得手不得手によって、学習習得度に差が出やすい。

科目ごとに別の学校へ行くことも可能。
特に在宅では難しい体育科や音楽科などの実技授業を
それを専門にするフリースクールや、通常学校で、ホームスクール生や
教養科目限定のフリースクール生向けの実技補習授業で補うことも多い。



基本英国式に米国式取り入れて都合よく日本式です!<教育制度
フリースクールというのは、つまり塾と学校の中間のようなもの。
学校と同じように単位認定できるカリキュラムを持つ塾をフリースクールと呼ぶ
(学校の授業等の補習をメインに行うものはフリースクールではなくただの塾)

関連記事:アカデミー http://usanosuk.exblog.jp/5977858/
[PR]
by usanosuk | 2007-04-24 03:52 | 世界観

”魔法”について

”魔法”についての個人的イメージ


MTでは魔法をつかえる素質そのものは、珍しいものではない。
加虐被虐問わず、ほぼ半数程度の人に素質が見られる。
ただし、実際に素質を発顕させ、自在に行使することが出来る人物は、そこまで多くはない
(ただの軽い魔力漏れ程度なら日常茶飯事で起こりうる。くしゃみのようなもの)
素質そのものは、1/2の確立で遺伝するが、遺伝した場合も、
発顕するかどうかは、環境や本人の意思・体質等がかかわる。
そのため、魔法を使える親同士から生まれても、子供が使えるとは限らない。
ただし、魔法を使える親から生まれた魔法を使えない子供に子供が出来た場合、
隔世遺伝で素質が発顕することもある。 

無尽蔵の魔力の持ち主は、現在確認されていない。
無尽蔵にみえても、実際はポテンシャル(魔力潜在量)が桁違いに大きいだけで、
使い続ければいつかは枯渇する。
ポテンシャル、魔法の強さ、魔術の行使能力の高さはそれぞれイコールではない。
自身にあった魔力特性を知り、行使力を学ぶことが重要。

魔力は精神力の一種と考えられている。
使えばそれなりに疲れる(肉体的な疲労ではなく、精神的な疲労となる)
ただし、精神力の強さ=魔力の強さではない(精神力を鍛えれば、
魔力も多少底上げはされるが、むしろ使い方の方が上手になるケースの方が多い)
なお、超能力は、魔力の一種。
物質特性をもつものを魔力、もたないものを超能力という。
例えば、パイロキネシス(火炎操作能力者)は、その場にある火を操ることは出来るが、
火そのものを自ら熾すことは出来ない
 ex.)火を大きくしたり小さくしたりは可能だが、消えた火に再び点火はできない

・体内にある場合…魔力
・体外に物質特性を伴って発顕した場合…魔法
・体外に物質特製を伴わずに発顕した場合…超能力
・発顕した魔法を意志の力で制御するもの…魔術
 と呼び分ける。
魔法は、意志の力で制御されてない純粋なエネルギー状態のため、
巨大な力の持ち主だと、周囲はもとより、自分自身にも危険が及びかねないため、危険。
(巨大な力に肉体が耐え切れなくなることがある)
制御した結果の魔力の主な特性により、古来の慣例に従い、火・水・風・土のエレメンツに
分けられる(持っているエレメンツをステータスと呼ぶ)
ステータスにかかわるエレメンツは単独ではなく、複合で持っている場合もある。
エレメンツにはそれぞれ、相性の良い・悪いがある。
なお、雷は火+土、光は火+風、闇は水+風、歪は水+土のエレメンツに分類される。
”歪”とは、存在そのものを捻じ曲げたり操ったりする能力で、
一般的には時を操る能力や、空間そのものをを変化させる能力として認識されている。
光と闇のステータスは、それぞれ逆のように見えるが、
風のエレメンツが共通しているため、光と闇両方を扱える人物も少ないながら存在する。
四つすべてのステータスを持つことはない。
全く逆のエレメンツを二つだけ持つ場合(火と水・風と土)は、
体内でエレメンツ同士が打ち消しあってしまうため、
発顕しないか、しても非常に弱い。
ステータスではなく、行使する術そのものならば、4種すべて使える人もいる。
訓練で魔力を底上げしても、自身の資質に合わない力は苦手なことが多い。

魔術は決して万能ではない。
死んだ人物を、生前と全く同様の状態で生き返らせることは不可能。
生前と近い状態で動かすことなら可能だが、生者には戻せない。
どのような魔術・魔法であっても、ある程度の物理制限は受ける。
例えば、魔力で作り出した火は、それがどんなに巨大でも、”火”である限り、水で消せる。
また、完全な無の状態から、有は作り出せない(水中で火は出せない。
しかし、水は風のエレメンツと親和性が高いため、光なら作り出せる)

精霊等の召喚は、呼び出す精霊と術者のステータス、能力が一致していないと、
望んだ召喚結果は現れない。
術が間違っていた場合、別の精霊や魔物(程度の低い魔獣のことが多く、
陣が違うため、術者の言うことは基本的に聞かない)がでてくるか、
最悪の場合、逆凪(術者に失敗が跳ね返ること)にあう。
通常は魔方陣を媒介にして術者と精霊との契約を結ぶが、
高位の精霊や魔人の場合、より高度の契約を結ぶために術者の肉体の一部を
媒介にすることもある。
媒介にされた術者の肉体は、召喚された精霊の同位置と置き換わる。
なお、この場合も、もともと呼び出された魔法陣があることが前提のため、
魔方陣を破棄されると、精霊との契約もそこで切れる。
置き換わった肉体は、破棄された時の状況によって、元に戻ることもあるし、
戻らずに、精霊に喰われてしまうこともある。

関連記事:四大元素について http://usanosuk.exblog.jp/5259643/
魔力について http://usanosuk.exblog.jp/6765741/


基本的に錬金術の考え方に近いかな…
[PR]
by usanosuk | 2007-04-21 19:57 | 世界観

ネタ色々

便乗ネタ等
・キャラを一文字で表すと。
 ドルヒ…爪…か、な…? 名前和訳すれば剣、あるいは刀
 ネヴ…兎 ウサギ言うな
 カニ…蟹 そのまま。
 ボーグ…ボーグ…ぼー… …  …

うん、まぁ、いいや! 次!

 ザウ…白 アルビノ(白子)
 モリー…月 三日月型のお耳。
 ブァラ…えー…コレもパス!

***

・身長(擬人化時)
 カニ(甲長6m)>人と動物の壁>ネヴ(5'9"、約180cm)>ボーグ(5'8"、
  約176cm)>ドル(5'6"、約170cm)

ちなみに
 ザウ(5'11"、約185cm)割と高い。
 モリー(5'4"、約164cm)、ブァラ(4'7"、約143cm)くらい。

***

・強さ比べ(比べるまでもない)
 ネヴ>なんか越えちゃいけない壁>ボーグ>カニ>反則>ドル
・強さ比べ・人間範囲に限った場合(使用キャラ含・特殊能力除外・パワーのみで換算
 ネヴ>なんk(ry>ザウ≧ジュラ兄≧駿君>ドル>モリー>体格の壁>ブァラ

男性と女性は基本のポテンシャルが違うので、一概には言えませんが、
普通の一般男性がドルとモリーの間からややドルより、一般女性がモリーより少し下くらい。
モリーは基本魔力使いなので、そこまで飛びぬけて強くはないです。 ないはず。

***

・対人関係(敬称略
 ドル
対ネヴ…上司
対ロート…上官、なぜか気に入られているらしい?
対ザウ…親友、ルームメイト、チーム(漫才)の相棒(…
対ジュラ…友人(無駄に女扱いするので切れて殴ったことあり
対駿…友人、好敵手
対モリー…親友、チームメイト
対クロウ…友人、妹分
対リルカ…友人、妹分
対真名…上官、友人(注:真名たんの方が上。真名…大尉、ドル…中尉)
対アウル(ベル)…友人

 ネヴ
対ドル・ザウ…部下
対イヴェルナル…同僚
対フォース…同僚

 ボーグ・カニ除外
[PR]
by usanosuk | 2007-04-14 17:31 | 自キャラ関連