AA風オリキャラ達の妄想の出窓


by usanosuk

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

捕食者

捕食者設定まとめ

Carnivore
学名:カルニウォーレ/食肉類
通称:捕食種(単数で捕食者
・ヒトと同じような見た目だが知能は高くない(言葉は発しない)
・武器は爪・牙
・一体ごとの身体能力はそれほど高くない
・5~10体程度の集団で襲う。
 捕食対象は有機生命体ならなんでも。
 人も襲うため、危険生物指定
・捕食時、顎が大きく開く(上下左右に顎が独立しているため、
 四方に向かって大きく開けられる
・基本的に肉食のため、臼歯はなく、犬歯が発達している
・無性(性差は無い)分裂で増える
・ヘソは背中にある

羽状の組織が生えている部分
・耳
・うなじ
・肩と上腕の境くらい
・下腕真ん中より少し手首より
・腰の後ろ(尻の上あたりに一対
・足首より少し上
羽状の組織は、皮膚の一部が突出したもの。
触ると柔らかい(内部に軟骨、硬さは耳たぶくらい、動かせない

繁殖方法
・背中に育児嚢(カンガルーの袋のようなもの)を持ち、そこで子供を育てる。
・基本的に無性生殖で、2~3年に一度の出産(一度に産む人数は一人)だが、
 まれに”発情”した個体が別の個体を食べることで、
 有性生殖(染色体交換)が行われる。
・発情すると羽状の組織が大きく発達し、先端がやや赤みを帯びる。
 全体的に筋肉が発達して力が強くなり、気性も荒くなるので非常に危険。
 一生発情を起こさない個体が多数だが、一度発情を起こすと、
 それ以降も発情する確立が高い。
 発情タイミングは、秋~春が多い。
・妊娠期間は半年ほど。
 胎児が成熟したら、育児嚢が割れて出てくる(育児嚢はそのまま剥がれ落ちる)
・生まれた時点で既に歯が生えており、肉食可能。
 性熟するまで約10年、寿命は4~50年前後。
[PR]
by usanosuk | 2007-06-23 14:57 | 自キャラ関連

強さ比べ

ドル :肉体 5、精神 9、頭脳 8、特殊能力 0
    総合平均値 5.5(7.3)
ネヴ :肉体 10、精神 10、頭脳 10、特殊能力 10
    総合平均値 10(10)
ボーグ:肉体 9、精神 8、頭脳 9、特殊能力 0
    総合平均値 6.5(8.67)
カニ :肉体 9、精神 5、頭脳 1、特殊能力 0
    総合平均値 3.75(5)
捕食者:肉体 5、精神 5、頭脳 1、特殊能力 0
    総合平均値 2.75(3.67)


肉体平均値 7.6
精神平均値 7.4
頭脳平均値 5.8
特殊能力平均値 -(ネヴしかいないため平均値除外)
総合能力平均値 5.7(6.908)

*割り切れない数字は小数点第二位で四捨五入
 総合平均値は上記4つの単純な計算値(カッコは特殊能力を抜いた3つの値の平均)

肉体的な強さの順列
ネヴ>越えちゃいけない壁>ボーグ>カニ>捕食者≒ドル

総合的な強さ順列
ネヴ>越えry>ボーグ>ドル>カニ>捕食者


おおよその目安
・肉体:普通の生身の成人男性で4~6(女性は3~5、子供で2~4) 
 機械的・魔術的な補助があったり、種族的に頑丈な場合はそれ以上、
 肉体が物理的に弱い(筋力不足・病人等)ほど1に近い。
 単純な”肉体の壊れにくさ”および”筋力の強さ”なので、
 不死者でも肉体自体が崩れやすければ数値は低い。
・精神:常に平常心を保てるような冷静さ、あるいは物事を受け入れる柔軟性など。
 感情の不安定さや、安定した対人関係を営むのが極度に困難等も含む。
 1に近いほど精神的、感情的に不安定。
 ”精神”を持たない機械類の場合は、プログラムの動作安定性のこととする。
・頭脳:計算能力や言語読解力以外にも、論理的思考能力や発想力、
 突発的な事態に対応できる応用力なども含む。
 1に近いほど知能指数が低い、もしくは動物的本能に近い(よって野生動物は1とする)
・特殊能力:もってない場合は全て0、持っている場合のみ1からランク付け
 いわゆる魔力・超能力など、上記3つに当てはまらない特別な種類の強さ
 ただし、サイボーグ等の機械補助(肉体部分と分離不可)は肉体能力に含む。
 機械補助等があっても、該当部分を切り離しても通常と変わりなく活動できる場合、
 エクストラオーダーの一種とし、計算には含めない。


カニと捕食者は野生生物なので頭脳<肉体、
精神は可もなく不可もなく、なので真ん中の数字の5。
ドルは点数だけで見るなら、人間平均値よりちょっとプラスくらい、
軍人としてみるなら平均ど真ん中程度。
肉体の脆弱さを頭脳および武器や周囲の状況、仲間との連携などの
付加条件(エクストラオーダー)でカバーするため、条件によってはボーグより上。
総合力で見るならそれほど差はないので、場合によっては下克上も十分可能。

ネヴは全てMAX(ひどい) 一応点数化させるため最高得点の10で計算。
[PR]
by usanosuk | 2007-06-23 14:32 | 自キャラ関連

PAA

■ドルヒ
初~中級者向け
飼いやすさ:★★★★
大きさ:中くらい
室内飼い:OK
マンション飼い:OK
複数飼い:OK
子供のいる家庭:OK

明るく、社交的な性格だが、うるさいほどでないため、しつけもしやすい。
序列をつけるタイプなので、主人には従うが、敵には容赦ない。
あまりひどく虐められると爪で遠慮なく引っかくこともあるため、
被虐目的で飼うには向いていない(ただし、無意味な加虐もあまり好まない)
活動的なので、運動を多目にさせると良く、一緒に遊んでやるのも良い。

注意事項
※運動量は多めに(マンションの場合、上下運動のできるスペースをとると良い)
※爪とぎの場所を作る


■ネヴローズ
初級者~
飼いやすさ:★★★★★
大きさ:中くらい(”ようじょ”は小)
室内飼い:OK
マンション飼い:OK
複数飼い:OK
子供のいる家庭:OK

飼い易く、しつけしやすい、性格もよく、賢い、と、
おおよそ考えられる限り最高のペットとしての素質を備えている。
被虐にも加虐にもエロ目的にも対応可能。

注意事項
※なし


■捕食者
中~上級者向け
飼いやすさ:★★
大きさ:中くらい
室内飼い:可能
マンション飼い:可能
複数飼い:基本的にNG
子供のいる家庭:避けたほうがよい

完全肉食(生肉、あるいは運動させる目的と兼用で、生きた動物等がよい)
馴致(人に馴れる事)は不可だが、エサをくれる人は多少認識する。
一頭飼い、もしくは同種での2~3頭飼いなら可能だが、
他種との混合飼育は、相手を襲う危険があるため避ける。
ただし、運動不足によるストレスで誰かまわず襲うこともあるので、
十分に動ける広さが必要(広さが確保できれば、マンションでも飼える)

注意事項
※運動不足には注意
※外に出す場合は、必ずリードをつける。
※なるべく頑丈なケージの中で飼う


■カニ
初~中級者向け
飼いやすさ:★★★★
大きさ:6cmくらい
室内飼い:-
マンション飼い:-
複数飼い:OK
子供のいる家庭:-

流通名はミニマッドクラブ(Mini Mud Crub)
もともと暖かい海に生息している泥ガニ(Mud Crub)を
矮小化した品種なので、食用にもなる。
複数飼いも平気だが、ある程度縄張りが確保できるように、
あまり水槽内に多く入れすぎない(共食いの危険がある)
水槽内には、上に上がれるような磯部分をつくり、
下にもぐれるように、底には砂を多めに入れると良い。

注意事項
※水は海水と同じ塩分濃度にすること、真水は不可。残留塩素には注意。
※気温が下がると動きが鈍くなり、凍死することもあるため、冬は注意。



■ザウエル
初~中級者向け
飼いやすさ:★★★
大きさ:中くらい
室内飼い:推奨
マンション飼い:OK
複数飼い:OK
子供のいる家庭:OK

アルビノ固定種のため、屋外には出せないと考えた方が良い。
直射日光のあたる窓辺にもあまり近寄らせないほうがよい。
(それなりの準備をすれば外に出してもかまわないが非推奨)
おとなしいが、遊ぶ時はやや活動的(暴れたりするほどではない)
最初は人見知りすることもあるが、仲良くなるのは早い。
序列をつけるため、主人には従うが敵には容赦ない。

注意事項
※日光に弱いため、室内飼いにする。
※運動量は多めに(マンションの場合、上下運動のできるスペースをとると良い)


■シィモルグ
初~中級者向け
飼いやすさ:★★★★
大きさ:中くらい
室内飼い:OK
マンション飼い:OK
複数飼い:OK
子供のいる家庭:OK

明るく、優しい性格で、序列はあまりつけないが、飼い主に良く従う。
見た目に反して、割とズ太いところもあるので、
多少の環境の変化には柔軟に対応できる。
運動量は通常通りでかまわないが、あまり高脂質のエサを与えると
太ることもあるため注意。

注意事項
※弱いが魔力を持つため、魔力漏れが気になる場合は無力化させる
※甘いものは与えすぎない、太りすぎに注意する
[PR]
by usanosuk | 2007-06-15 20:26 | 自キャラ関連